親が元気なうちに任意後見

Pocket

おばあちゃん介護しなければいけない親に代わって、成年後見制度を家庭裁判所に認めてもらいましょう。実は、入院している親の代わりに貯金口座からお金を引き出すことは法律でも認められていません。これでは、入院費用を自分が負担しなければいけませんし、親の口座に入ってきた年金ですら引き出すことができなくなってしまいます。

こうなる前にまずは、自分が親に代わって後見人になっておく必要があるのです。これは意外と手続きが大変になるかもしれませんし、だからといってそのままにしておくことも難しい問題ですので早めに申請をすることが重要でしょう

成年後見制度には、まだまだ元気で判断能力にも衰えのない両親ですが、いつ大病で倒れるかもしれませんので、そうなる前に後見人になっておく「任意後見制度」であれば、両親にも説明をしてお互いに仕組みを理解できるので安心でしょう。公正証書には財産についての記載をしなければいけません。また、公証人役場にて契約を交わすことになるのですが、財産が関係していることで、財産分与の問題に発展することもありますので慎重に事を進める必要があるでしょう。後見制度は、単なる預金の引き出しだけのために契約を交わしておくものではなくて、到底その先に見える財産管理に繋がるものですので、できれば弁護士に相談して手続きを行うことをおすすめします。