財産管理で成年後見

Pocket

空成年後見という言葉を聞いて、すぐに説明できる人も少ないとおもいますが、どのような意味なのでしょう。おもに成年後見制度と呼ばれていて、認知症や精神障害などの疾患により、物事を的確に判断することができなくなってしまった成年者である本人の代わりとして、財産管理や権利などを行うことのできる代理人を家庭裁判所で選定します。そこで選定された代理人が権利を守るために本人の代わりの法的な書類にサインすることも可能ですし、財産を保護したり運用を行うことも可能にしてくれる制度のことを指していて、一般的に後見人と呼ばれています。このほかにも保佐や補助が選定されることもあるのです。

たとえば、保佐であれば金銭にまつわる問題に対して、本人の同意なしで代理権を所持することが可能ですし、裁判などの審判開始も本人の同意は必要ありません

補助であれば、軽度の痴呆症であることで物を購入することはできるけれど、理解する力や判断力が低下していることで補助する役割を果たしますが、裁判などの審判開始時に限り、本人の同意が必要であると言われています。

このように成年後見が認められるには、病気の症状や一人でも生活できるのかなど大きなポイントがありますし。必要書類を用意して家庭裁判所に申し立てを行ったとしても。調査官が身辺調査をする期間も長くて、ひとりで申し立てをすることに手間取ってしまうことから、弁護士に依頼したり相談することをおすすめします。