弁護士に相談しよう

親の財産管理をするために成年後見制度を申し込む方もいるかもしれません。企業していて財産がある人や、有効利用のできる土地を持っているような人であれば、ご自身が、あるいは両親に代わってそれらの手続きをすすめることのできる後見制度を契約しておくといいでしょう

この後見制度であれば、財産管理に係わることまで任せてもらうことができますし、万が一、病院に入院したとしても、親の代わりに預金口座から現金を引き出すことも可能ですし、トラブルに発展した場合でも裁判所に本人の同意を得ずに手続きすることができるのが特徴です。

弁護士特に両親に多額の財産がある場合などは、任意後見や法定後見の契約を交わしておくことが必要でしょう。その場合には事前の調査や書類作成などに時間がかかってしまうことや、問題が発生した際にスムーズに対応してもらうことのできる弁護士にまずは相談してください。そして後見人の手続きを行う場合には、弁護士に書類作成などを依頼することをおすすめします。

このような、病気や認知症が原因になってしまい判断能力がなくなってしまう前に親に代わって財産などの管理をすることを許される後見制度は、成年者だけでなく、子供の立場としてもさまざまな法律から保護される制度になることから、契約を交わしておくことは非常に重要だと考えられています。

親が元気なうちに任意後見

おばあちゃん介護しなければいけない親に代わって、成年後見制度を家庭裁判所に認めてもらいましょう。実は、入院している親の代わりに貯金口座からお金を引き出すことは法律でも認められていません。これでは、入院費用を自分が負担しなければいけませんし、親の口座に入ってきた年金ですら引き出すことができなくなってしまいます。

こうなる前にまずは、自分が親に代わって後見人になっておく必要があるのです。これは意外と手続きが大変になるかもしれませんし、だからといってそのままにしておくことも難しい問題ですので早めに申請をすることが重要でしょう

成年後見制度には、まだまだ元気で判断能力にも衰えのない両親ですが、いつ大病で倒れるかもしれませんので、そうなる前に後見人になっておく「任意後見制度」であれば、両親にも説明をしてお互いに仕組みを理解できるので安心でしょう。公正証書には財産についての記載をしなければいけません。また、公証人役場にて契約を交わすことになるのですが、財産が関係していることで、財産分与の問題に発展することもありますので慎重に事を進める必要があるでしょう。後見制度は、単なる預金の引き出しだけのために契約を交わしておくものではなくて、到底その先に見える財産管理に繋がるものですので、できれば弁護士に相談して手続きを行うことをおすすめします。

財産管理で成年後見

空成年後見という言葉を聞いて、すぐに説明できる人も少ないとおもいますが、どのような意味なのでしょう。おもに成年後見制度と呼ばれていて、認知症や精神障害などの疾患により、物事を的確に判断することができなくなってしまった成年者である本人の代わりとして、財産管理や権利などを行うことのできる代理人を家庭裁判所で選定します。そこで選定された代理人が権利を守るために本人の代わりの法的な書類にサインすることも可能ですし、財産を保護したり運用を行うことも可能にしてくれる制度のことを指していて、一般的に後見人と呼ばれています。このほかにも保佐や補助が選定されることもあるのです。

たとえば、保佐であれば金銭にまつわる問題に対して、本人の同意なしで代理権を所持することが可能ですし、裁判などの審判開始も本人の同意は必要ありません

補助であれば、軽度の痴呆症であることで物を購入することはできるけれど、理解する力や判断力が低下していることで補助する役割を果たしますが、裁判などの審判開始時に限り、本人の同意が必要であると言われています。

このように成年後見が認められるには、病気の症状や一人でも生活できるのかなど大きなポイントがありますし。必要書類を用意して家庭裁判所に申し立てを行ったとしても。調査官が身辺調査をする期間も長くて、ひとりで申し立てをすることに手間取ってしまうことから、弁護士に依頼したり相談することをおすすめします。