弁護士に相談しよう

Pocket

親の財産管理をするために成年後見制度を申し込む方もいるかもしれません。企業していて財産がある人や、有効利用のできる土地を持っているような人であれば、ご自身が、あるいは両親に代わってそれらの手続きをすすめることのできる後見制度を契約しておくといいでしょう

この後見制度であれば、財産管理に係わることまで任せてもらうことができますし、万が一、病院に入院したとしても、親の代わりに預金口座から現金を引き出すことも可能ですし、トラブルに発展した場合でも裁判所に本人の同意を得ずに手続きすることができるのが特徴です。

弁護士特に両親に多額の財産がある場合などは、任意後見や法定後見の契約を交わしておくことが必要でしょう。その場合には事前の調査や書類作成などに時間がかかってしまうことや、問題が発生した際にスムーズに対応してもらうことのできる弁護士にまずは相談してください。そして後見人の手続きを行う場合には、弁護士に書類作成などを依頼することをおすすめします。

このような、病気や認知症が原因になってしまい判断能力がなくなってしまう前に親に代わって財産などの管理をすることを許される後見制度は、成年者だけでなく、子供の立場としてもさまざまな法律から保護される制度になることから、契約を交わしておくことは非常に重要だと考えられています。